« 「2046」トニー・レオン | トップページ | もうすぐ発売「The Phantom Of The Opera」UK&US DVD »

2005.04.27

「阿修羅城の瞳」

火曜日に観に行ったのですが、なんと114席ある劇場で、観客はalexたった一人、でした。

いいのか松竹、110周年記念の作品が・・・・(苦笑)

以下、ネタバレも含む感想です。  母国語での語りなのはお許しください(^_^;

う~ん、ま、おもろかった。

どっちかと言うと「映画」を観てるよりも「芝居」を観てる気分に。演技の雰囲気が「映像」やなくて「芝居」「ナマの舞台」に近いちょっと大げさな感じがして。

ミュージカルとか、お芝居やとこうなるなぁ。と何度も思ってその辺はちょっとした違和感が。 舞台やと後ろのお客さんにも見えなあかんからどうしても身振りはでかくなるし、でもそれをスクリーンで見せられると、”そこまでやらんでもええで~、どうせでっかく見えてんねんから”と思ってしまう。 特に出雲を正面からとらえた映像がねぇ・・・ 

元々歌舞伎界のプリンスでいてはるし、伝統芸能と映画or芝居は違うとはいえ観客に何かを伝えるのは一緒で。 格式に乗っ取ってやるか普段と変わらん形でやるかのどっちかかな?と、歌舞伎の知識がないalexは思いますが。 それに歌舞伎以外のお芝居もやってはりますしねぇ、大体が「阿修羅城の瞳」は舞台で上演されたもんやし。

それにしても、主演の市川染五郎・・・ 切れ長の瞳にきれいなお顔。なんつー涼しさ。 べっぴんさんやわ~(笑) 女性的な線っていうのが正しいかどうかは別やけど、GacktよりはKinKi Kidsの堂本光一君に近いようなべっぴんさんタイプ。 もちろんもっとでかいし、光一君の方がもちっと女性的なニュアンスが多いかもしれんけど。 その美人さん度合いで女優さんを食わないように(爆笑)

ま~、さすがに見得の切り方とかはほんまもん。殺陣も流れるように美しく。着物の着こなしもばっちり。ポニーテールの髪はさらさら(地毛かどうかは知りませんが)邪空が爆発頭してるから、この対比も笑えて(^_^; 

愛情→憎しみ に変わる過程はちょっと表現不足かと思ったんですけどね。 「お恨みしますぞ」ってなんでいきなりそうなんねん?と。 いや、出雲が阿修羅(子供バージョン)を殺したことによって、娘に転生し、その娘が恋をして阿修羅に転生して。 阿修羅に転生することになったきっかけは思いっきり出雲やから、と思えば筋は通ってるけど。。。 その直前までラブラブやったのが、言葉だけ「恨むで~」になってもなぁ・・と感じられた。宮沢りえは綺麗やったけど・・ それにしても細いことで。

CGを使えるのは映像の特権だけど、この作品はやっぱりお芝居で観てみたいと思いました。 おもろくないことはないねんけど・・・・もちっとな。。

*****感想追加****

な~んか変やなぁあ~と思っていた理由が、他のblogにお邪魔して発覚。 そう、「阿修羅」が「阿修羅」らしくないんかも。 闘神ちゃいましたっけ?ごっつおそろしい。 しかも密教系? それが揺れるロウソクの炎に照らし出されてのほほほ~んと鎮座してはる。(いや、サイドの顔はそれなりに別の表情してるけど) それに宮沢りえを重ねるのはどうよ? と。。。 

こわくないから。おそろしないから。 人間界を滅ぼすで~~! という気迫がないし、逃げ惑う人間見てにんまり、ってわけでもないし。 ビゼンは手だけがモンスターしてはって・・・苦笑するしかなかった。 ビゼンも鬼やって言いたいんやろうけど、ちょっと細工がみみちいわ。

陰陽師の監督さんやから、CGもその路線でいくやろうと思ったし、あれが限界かなぁという気はする。せやけど、視覚効果に限界があるんやったらもちょっとドラマ部分に力入れんかい! 全然切ないことあれへんやんっ!

ちらしと予告編はめっちゃかっこよかってんけど・・・ やっぱり前宣伝がええと本編はあかんの?

*****追加ここまで****

こちらにも参加してます。(映画&英国俳優)
よろしければポチっと押してやってください→人気blogランキングへ

« 「2046」トニー・レオン | トップページ | もうすぐ発売「The Phantom Of The Opera」UK&US DVD »

◆Films◆」カテゴリの記事

コメント

染五郎=べっぴんさん説、なかなか~!そうかも~と思いました。多分舞台のほうが四方のでしょうが、おかげで映画も楽しめました

TBありがとうございます。
もうっちとな~、というのが、まさに言い得て妙でございますです。

小日向文世のやってた役がとりつかれたように芝居への情熱からやたら暴走する点で
一番「オニ」だったような気がしました。
赤い糸のCGは胸キュンものでしたが
あとは映画じゃなくても・・というか映画ならではの表現方法を使いこなせてなかった気がします。
芝居をスクリーンで見せてるようなそんな印象でした。
染五郎さんはこれ以上ないような的役だったとは思いますが。

誰のブログだったか邪空=べジータ説には
笑いました。似てるかも・・・。

トラバありがとうございました。
宮沢りえが阿修羅になった時の迫力がないですよね。出門を思う気持ちを残すためには、あまりに変わり果てた姿にできないのかもしれないけど、もう少し工夫して欲しかったです。 

初めまして。
私は、特に贔屓役者もいないのですが
歌舞伎は好きでよく観ます。
染五郎は歌舞伎(特に歌舞伎座だと)まだ主役を演じるまでにはなってないので
いつも脇役なのを観ているばかりですが
若い歌舞伎役者さんはテレビとかで演技を観ると
どうも一人で舞台になってしまっている気はしますね(^^ゞ
ただ、この映画に関しては
元々舞台ありきなので、あのオーバー演技は
わざとなのかなあとも思うのですが。
CG、やっぱダメですね。
まあ「ローレライ」よりは許せる部分もあったかもだけど。
「LOTR」なんかを普通に観てしまった後は
(比較しちゃ気の毒だろうけど)
やっぱなんか激しく物足りないです。

>ももママさん
染五郎はべっぴんさんでした(笑)
映画も悪くないと思いますが、舞台を観たいな~と強く思わされました。再演になったら映画を観た人が行くかもしれませんね~

>あかん隊さん
ありがとうございます~。
ボキャブラリーが不足していてバッチリ決まる単語が出てこなくて・・
ほんと、「もちっと」何かあれば・・と思いました。

>Agehaさん
作家の性というか、リアリティを追求するあまりすごかったですね。後半は特に。あの暴走ぶり=オニ に納得です。
べジータ!!(大爆笑)
似てますっ

>カヌさん
そうなんですよ・・・出門への想いを残すにしてもやっぱりもう少し迫力が欲しかったです。恋する女の強さって、半端じゃないと思うので・

>FLUFFYさん
初めまして~。
舞台ありきということであえてあのオーバー演技だったのかもしれないですね。でもやっぱりスクリーンで見ると少々違和感が。。
CGはもう、全部見せなきゃいけない映画だからというのを差し引いてもやっぱりお粗末でした。
わはは、LOTRと比較しちゃだめですよ~。あれは監督が自分の理想を求めて私財を費やしてますもの(苦笑)

ええ!
この作品って、松竹110周年記念作品だったんですか?
・・・大丈夫なのかなぁ、松竹(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48366/3882652

この記事へのトラックバック一覧です: 「阿修羅城の瞳」:

» 阿修羅城の瞳 [ももママの心のblog]
大阪の劇団・新感線の舞台を映画化した。ハリウッドとは一味ちがうエンターテイメントを目指し、主役は舞台と同じ市川染五郎がいい男ぶりを存分に見せる。{/face_heart/} 監督 滝田洋二郎 原作 中島かずき 出演 市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志 江戸の町には鬼が跋扈していため、鬼を切る「鬼御門」が活躍していた。{/face_gaan/}その副長だった病葉出門(市川)は、今では舞台役者に�... [続きを読む]

» ★「阿修羅城の瞳」 [ひらりん的映画ブログ]
劇団☆新感線で上演され大ヒットした同名の舞台劇を映画化。 予告を見て面白そうだったので「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」 見たあと、続けざまに鑑賞。 2005年日本製作のロマンス・アクション・時代劇、130分。 あらすじ 江戸時代・・・平穏そうな町にも人間の姿を借りた魔物=鬼がはびこっていた。 見つけちゃぁ、叩き切ってたのが闇奉行と言われていた組織・「鬼御門」。 そこの一番の腕利き=鬼殺し... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [ネタバレ映画館]
 「おもしれえ!面白すぎる!」と言う南北(小日向文世)が面白すぎた。  せをはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとぞおもふ・・・  百人一首は苦手だが、苦手な人のために「“せ”で始まる句は一つしかないからこれを覚えておくといい」、という言葉を信じてこの句だけを覚えたものだ。しかし、苦手な人の考えてることは皆同じ。結局は「せをはやみ」争いになってしまう・・・  �... [続きを読む]

» 『阿修羅城の瞳』 [ラムの大通り]
-------この映画、試写会が大盛況だったんだって? 「『阿修羅城の瞳』なんてタイトルからして魅力的だからね」 -------あまり映画っぽくないよね。 「そうなんだ。これは元はと言えば劇団☆新感線の舞台。 それを観て『これは現代の歌舞伎だ』と思ったという市川染五郎。 彼を主役に松竹とコラボレイトし、2000年、2003年に上演。 今回は、大ヒットしたその芝居を 『陰陽師』(これはいただけなかったけど)の 滝田洋二郎監督�... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [某茶房拾遺伝]
動員1000人程度の小劇場芝居から、芸能の頂点へ……。 『阿修羅城の瞳』を一言で説明するならそんな感じだろうか。 主演に市川染五郎を迎え、2000年夏、2003年夏と新橋演舞場・大阪松竹座で上演され話題となりまくった『阿修羅城の瞳 BLOOD GETS IN YOUR EYES』も、元を糾せば1987年5月に阪急オレンジルームで上演された劇団☆新感線の小劇場芝居だったというのだから、わかっていても驚きだ。 その『阿修羅城の瞳』が、今度は映画となってスクリーンに登場することとなった。 主役・病... [続きを読む]

» 「阿修羅城の瞳」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
土曜に引き続き日曜日にもファボーレ東宝で二作品見てきました。『阿修羅城の瞳』と『コーラス』の二つです。 まずは『阿修羅城の瞳』から。 主演は「宮沢りえ」と「市川染五郎」。脇を固めるのは「樋口可南子」、「小日向文世」、「内藤剛志」、「渡部篤郎」の面々。エンディングテーマは「スティング」 江戸町民文化が華開いた文政のころ、芝居小屋中村家の戯作家『四世鶴屋南北(小日向文世)』は人気役者『病葉出門-わくらばいずも-(市川染五郎)』の�... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [cococo]
チラシやポスターが、あんまりきれいだったし、舞台の評判も聞いていたし、舞台を観 [続きを読む]

» 『阿修羅城の瞳』 [京の昼寝〜♪]
 阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に遷る ■監督 滝田洋二郎 ■原作 中島かずき「阿修羅城の瞳」 ■市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志、韓英恵  時は文化文政の庶民たちの活気に満ち溢れた江戸。 かつて、人を食らう鬼を斬る「鬼御門」の副長であり、“鬼殺し”の異名をとっていた病葉出門(市川染五郎)は、今は江戸随一の人気を誇る舞台役者として活躍していた。 ある日出門は�... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [Imagination From The Other Side]
松竹と劇団☆新感線の初コラボレイト作品として上演された、中島かずき作の傑作舞台を映画化した作品。 主人公病葉出門(わくらばいずも)は舞台と同じく市川染五郎。 ヒロインつばきには宮沢りえ。 その他の出演者は渡部篤郎、内藤剛志、小日向文世、樋口可南子など実力...... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-]
映画「阿修羅城の瞳」の感想です [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [kikumasamune]
(英題:BLOOD GETS IN YOUR EYES)  公開前日に試写会に当たったので観て来ました。監督が滝田洋二郎と聞いただけですごくゲンナリしたのですが、やっぱりというかどーしようもなくゲンナリする出来だったので、客電がついた時にはただただポカーンとしておりました。が... [続きを読む]

» 舞台でええんとちゃうん?〜「阿修羅城の瞳」〜 [ペパーミントの魔術師]
実は2000年と2003年に舞台でやってるんですね、これって。 で舞台でも主役の出門を演じた市川染五郎がそのまま劇場版でも登場。 時代劇、歌舞伎、刀を使ったアクションの立ち振る舞い見てると この人の代表作になるやろなってくらいはまり役でしたね。 舞台版の阿修..... [続きを読む]

» 『阿修羅城の瞳』 [ぺぺのつぶやき]
2005年 日本 119分 監督 滝田洋二郎 原作 中島かずき 出演 市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、内藤剛志、渡部篤郎 「阿修羅城の瞳」公式サイト→ココ ストーリー 江戸時代が舞台。 人の世を滅ぼし、世の中を征服しようとする鬼たち...... [続きを読む]

» 「阿修羅城の瞳」 [the borderland]
初日16日(土)しかレイトショーやってないので時間合わせて見に行ったら、財布忘れたのを電車の中で気付いて、阪神梅田のかの有名なミックスジュースだけ飲んで帰りました・・・ 小銭入れと定期は持っていたので気付かなかったんです(^^; 自分のアホさ加減に疲れがドッとでましたよ。結局、翌17日朝一の回にリベンジしてきました。 今週から「コンスタンティン」はじめ一斉に上映されるなか、昨年までなら見に行くリストに入らないと思うのですが、劇団☆新感線の「髑髏城の7人 アカドクロ」のフィルム上映を見た時に、こ... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [にわうたぶろぐ]
 観たいなーと思いつつも前評判の酷さに足踏みしていた「阿修羅城の瞳」。レディースデイなら金銭的ダメージも低かろうと思い、行ってきましたよ。ちなみに舞台版は観たことないです。ストーリー等々の知識は一切なし。そんなネタバレ感想。 ... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [angle cafe*]
もともと歌舞伎が好きなので、市川染五郎の映画の中での歌舞伎役者としての姿と、渡部篤郎の「ははは〜」と嗤いながらばっさりと躊躇せずに刀を振り回す姿で、他の事は忘れてしまいた〜い 篤郎はよかったよ、うんうん。 ケイゾクの真山並に狂気がにじみ出てた この人、ほんと良い人や普通の人で恋愛もののドラマやるより、首がぐらぐらしちゃってる演技してる時の方が生き生きしてる 恋愛ものなんかやらせると目死んでるもんなぁ ほんとは真山が一番はまり役だが、この映画の中の人間でありながら鬼に魅入られる「邪空... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [angle cafe*]
もともと歌舞伎が好きなので、市川染五郎の映画の中での歌舞伎役者としての姿と、渡部篤郎の「ははは〜」と嗤いながらばっさりと躊躇せずに刀を振り回す姿で、他の事は忘れてしまいた〜い 篤郎はよかったよ、うんうん。 ケイゾクの真山並に狂気がにじみ出てた この人、ほんと良い人や普通の人で恋愛もののドラマやるより、首がぐらぐらしちゃってる演技してる時の方が生き生きしてる 恋愛ものなんかやらせると目死んでるもんなぁ ほんとは真山が一番はまり役だが、この映画の中の人間でありながら鬼に魅入られる「邪空... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [CINEMA e MUSICA di FLUFFY]
恋をすると鬼になる [続きを読む]

» 映画『阿修羅城の瞳』 [EVERSMILE(エバースマイル)]
『阿修羅城の瞳』公式サイト『阿修羅城の瞳』を上映している映画館は?映画『阿修羅城の瞳』を観てきました。映画『阿修羅城の瞳』は、劇団☆新感線による舞台での『阿修羅城の瞳』をベースにして映画化された作品です。私は劇団☆新感線の舞台を一度も観たことがないのです。そういうわけ... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳★★☆☆☆ [なおのオススメ文芸。]
International title:Blood gets in your eyes 『文化文政の江戸の町には人の姿を借りた魔物が潜んでいた。そんな魔物退治のために結成されたのが、「鬼御門」という組織。かつて鬼御門で「鬼殺し」と怖れられる腕利きだったが、今は舞台役者として活躍していた病葉出門...... [続きを読む]

» 映画感想:『阿修羅城の瞳』 [徒然三十路日記♪]
00年に上演、03年に再演されて話題を呼んだ劇団☆新感線と松竹のコラボレート舞台作品「阿修羅城の瞳」を映画化。町人文化が栄えた江戸の文化文政期。恋をすると鬼の王・阿修羅に生まれ変わってしまうという宿命を負う女つばきは、以前幕府の鬼祓い機関の副長を務めていた舞台役者・病葉... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [そーれりぽーと]
タダ券が有ったのでフラフラと劇場に行ったのですが、観たい映画は観尽していたので久しぶりの邦画「阿修羅城の瞳」を観てみました。 ☆評価不可能 大人がターゲットなのに“特撮ヒーローもの”のノリで、途中で帰りたくなりました。 わけのわからないコスチュームに身を包む人達、違和感アリアリのCG効果がむしろ邪魔で必要無い。27年前のテレビドラマ「西遊記」(堺正章=孫悟空、夏目雅子=三蔵法師)となんら変わらないので、ストーリー�... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [Akira's VOICE]
まとまりと盛り上がりに欠け,最後まで入り込めなかった・・ので,勝手にストーリー考案。(怒っちゃやーよ) [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [まつさんの映画伝道師]
第79回 ★★☆(劇場)  愛してはならない。  その言葉は「愛してしまう」を意味する。いけない、と言われれば言われるほど愛の炎は燃え上がるものだ。  これは悲運な愛の物語だ。真実の恋をすると鬼になる女つばき(宮沢りえ)は、鬼殺しの出門(市川染五... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [映画短歌・せんかいへき blog]
 血を浴びた肩の疼きに逆らえず 燃えて染まりて舞う椿かな ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ★★★☆ 2005 日本 監督:滝田洋二郎 阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る… 前知識なしで観たもので、“オニミカド”って、帝が鬼ってことなのかなと思っていたら、 “鬼御門”っ�... [続きを読む]

» 綺麗なおニイさんは好きですか? [I N T R O+blog]
『バッド・エデュケーション』(2004/スペイン/ペドロ・アルモドバル) 『阿修羅城の瞳』(2005/日本/滝田洋二郎) Text By 鮫島 サメ子 鈴木清順監督ならずとも、「別嬪さん」と「色男」が出る映画はマコトに良いものです。つか、何が悲しくてカネ払って不細工見なくちゃいけないんだか。 そこで...... [続きを読む]

» 映画『阿修羅城の瞳』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ マイ・ファニー・バレンタイン… あのセクシーな歌声に酔いしれたまま 独り、夜道を歩いています───... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 [欧風]
本日、久々に試写会に行ってきましたよ。今回観に行ったのは「阿修羅城の瞳」。 試写会と言っても、これはもう劇場公開は終わってるみたいで、10/29(土)に出るDVDを記念した試写会です。この作品に関しては、ハガキの写真の印象や、タイトルで、あ、多分時代劇だな、という位、「謎の村雨城」な感じで試写会場へ。まあ、私は極力事前情報を仕入れずに観に行くのが好きなもので。 前説の女の方が和服着てました。わざわざこの為に着るなんて凄いな~。キレイでしたね。 話としては、江戸時代、江戸の町には人間... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 今年の223本目 [猫姫じゃ]
阿修羅城の瞳 劇団☆新感線の舞台の映画化なんだ。 例によって、なにも知らずに見たんだケド、時代、ストーリーは、あたしのツボ。でも、愛を描きすぎでした。それから、セリフ回しは、違和感なかったんだケド、セット、SFXが、、、 この手の映画では、その昔のバンダ....... [続きを読む]

» 阿修羅城の瞳 映画版 市川染五郎 宮沢りえ [Dazzling M]
阿修羅城の瞳 久々に出会った当たり!の邦画 かなり新感線風味に仕上がっているが ホントにいい作品! これには正直マイッタぁまず、BGMがハマっています。インディア風、ロックそしてSTING。 カッコ良すぎてやばいです 衣装やセット。エフェクトは劇団☆新感線味がでまくりです 舞台で表現し切れなかったことがCG使えることで制約がなくなった! ということで、完全無欠級のエンターテイメントに仕上がってます そして、細かいもの1つ1つが良い意味でひっかかってくる 歌舞伎化粧半分の染... [続きを読む]

« 「2046」トニー・レオン | トップページ | もうすぐ発売「The Phantom Of The Opera」UK&US DVD »

スポンサードリンク

管理人サイト

ブックマーク

サイト内検索
カスタム検索

Tom Hardy「Warrior」

トム・ハーディとジョエル・エドガートン主演。離れ離れになっていた兄弟が、それぞれの想いを抱えて総合格闘技リングで闘うお話。アクションもすごいけど、ドラマ部分が素晴らしい作品。タオルかティッシュを用意してどうぞ。

PS3で再生可能なUS版BD

[Amazon.co.jp]Warrior[Blu-Ray(US)]

PCで再生可能なUK版DVD

[Amazon.co.jp]Warrior/ウォーリアー[PAL-UK][Import]

Avengers/アベンジャーズ

アイアンマン、ソー、キャプテン・アメリカ、ハルク、ホークアイ、ブラックウィドウ+ロキ。

PS3で再生可能なUS版BD

[Amazon.com]Marvel's The Avengers (Two-Disc Blu-ray/DVD Combo in Blu-ray Packaging)

PCで再生可能なUK版DVD

[Amazon.co.uk]Marvel Avengers Assemble[UK-DVD]

おすすめDVD/BD

ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、ベネディクト・カンバーバッチ、キアラン・ハインズ、トビー・ジョーンズ他、英国俳優の豪華な競演が素晴らしい、ジョン・ル・カレ原作『Tinker,Tailor,Soldier,Spy』UK版DVD、2012/01/30発売!


[Amazon.co.jp]Tinker,Tailor,Soldier,Spy[BD+DVD+CD 豪華特典付デラックスバージョン][BD-RegionB][PAL-UK][Import]
※UK版BDはリージョンコードB

DVDはリージョンコード【2】なのでPC再生可能♪

[Amazon.co.jp]Tinker Tailor Soldier Spy/裏切りのサーカス[UK-PAL]

ユアン・マクレガー「イエメンで鮭釣りを」DVD

ユアン・マクレガー&エミリー・ブラント主演のラブコメディ。中東との政治情勢悪化でダウンした英国イメージを上昇させるため、クリスティン・スコット・トーマスが演じる首相官邸広報課が題材を探し、イエメンでサーモン釣りというアイディアを取り上げる。

PS3で再生可能なUS版BD

[Amazon.com]Salmon Fishing in the Yemen [Blu-ray]

PCで再生可能なUK版DVD

[Amazon.co.uk]Marvel Avengers Assemble[UK-DVD]

☆話題作☆

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30