« バットマンモデル ポータブルDVDプレーヤー | トップページ | 「ダニーザ・ドッグ」Danny the Dog  ジェット・リー »

2005.07.01

Greenockへ行こう!(Dear Frankieロケ地)

「Dear Frankie(Dear フランキー)」のロケ地、スコットランドのGreenock。 行き方、現地の様子など、6月中旬に旅行した時のレポートです。

まとめるといいながら手付かずでした(^^; これから旅行へ行かれる方、「Dear Frankie」を観て現地に思いを馳せる方のお役にちょっとでも立てれば・・・。 そのうちサイトにも上げますがまずはここで。

写真等、入れられるものは入れていきますので少々重いかもしれません。 尚、ここに上げる情報は2005年6月の情報です。行かれる方はご自身できちんと確認してください。

尚、あくまでもふらりと立ち寄ったalexの旅行記です。英国常連でもなく、スコットランドを究めた人間でもありません。英語力は英語圏であればふらりと行ってもビビらない程度。 いつ行くか、誰と行くか、誰と遭遇するかによって起こる出来事は様々ですから、alexの旅行記はあくまでも参考程度にしてくださいませ。

Okay, here we go!

【出発地:Glasgow Central Station(グラスゴー・セントラルステーション)】

alexは1日乗り放題の切符「Daytripper」で行きました。グラスゴーを含む、かなり広範囲なエリアの鉄道・地下鉄・バス・一部フェリーが乗り放題。大人1人+子供2人までOKのチケットが8.50ポンド、大人2人+子供2人で15ポンド。(大人一人だとちょっと割高ですが、ファミリー使用ならかなりお得だと思われます)

※alexは途中でペイズリーに寄る予定だったのと、気分に任せてフラフラと途中下車をする可能性が高かったので(笑) Daytipperを使いましたが、Greenockへの片道だけなら乗り放題を使う必要はないと思います。なんせalexは計画なしにフラフラと行くやつなので(^_^;

もう一つ乗り放題チケット「Roundabout」というチケットがありますが、これはGreenockを含んでいません。グラスゴー近郊都市(ペイズリーは含みます)です。

スコットランド鉄道SPTのサイトにこれらチケット情報が載っています。有効範囲の地図もありますので、旅行計画に便利です。
SPTトップページ:SPT
Daytripper:Daytripper
Roundabout:Roundabout

alexはガイドブックでこういうチケットがあるらしい、と見つけたのですが詳細はほとんど分からず。 有効範囲が分からなかったのでグラスゴーのインフォメーションツアリストで「Greenockに行きたいんだけど、乗り放題チケット使えます?」と尋ねて「DaytripperならOKよ」と教えてもらいました。

で、うきうきと向かった先が「Queen's Street Station」。窓口で「Daytripper」を買い「Greenock行きは何番ホーム?」と聞いたら「セントラル!」と(^_^; 駅が違うぞ。

グラスゴーには「Glasgow Central Station」と「Queen's Street Station」というでっかい駅が歩いて10分くらいの距離にあります。スーツケースを転がしていない限りはさっさと移動できますが、荷物が多いと辛いかもしれません。

それから、お手洗いはホテルで済ませておくことをお勧めします。特に上記2つのでっかい駅のトイレは「有料」で20ペンスかかります。

【乗るべき列車:Gourock行き】

Gourock(ガロックに聞こえました)という港町(Helensburghなどへのフェリーが出てます)行きの列車がGreenockに止まります。GreenockはGourockの少し手前です。(Daytripperサイトに地図があって、Greenockも載っています) ちなみに、Greenockは「Greenock Central」と「Greenock West」の2つの駅があります。

alexは英国で鉄道に乗るのが初めてでして(ロンドンしか行ったことがなく、チューブとWデッカーしか使ってませんでした)、英国の鉄道システムにビビらされました。

というのも、電子掲示板に「Gourock行き10:05」と時間の表示が出てるのに、ホーム番号がないんですよ!!日本の駅だと「○○行 0:10 △番線」と出ていて、そのホームへ行けば事故でもない限り電車が来ますよね。その感覚でいたら、ホーム番号がない!

しかもグラスゴーセントラルはかなりでかい駅でホームが全部で13あり、11~13あたりは奥まったところにあるので、ギリギリだと走りまくる必要が。まぁ、東京駅や大阪・新大阪駅みたいに階段&エスカレーターを上り下りしなくていいのでその点楽ですけど。列車は同じ高さに入ってくるので。

気配的に1時間に1本くらいしかないんじゃないかという感じだったので、これを逃すと予定が狂う!と冷や汗ダラダラ。 その辺にいた駅員さん(胸にバッチつけてます)を捕まえて「Greenockに行きたいのっ!ホームはどこ?」と聞くと、「う~ん・・・(電子掲示板を見て)、まだ出てないわね」と。

はいぃぃぃぃ? 時計は既に10:07を指していて、列車の時刻まであと2分。 どーなってんのぉぉぉ~(>o<)と内心泣きそうになってたら、「あ、13番線よ」と。

はっ!と電子掲示板を見たら、「Gourock 10:05 13」とでてるぢゃありませんか。 も、もしかして・・・列車って到着寸前まで入線するホームが表示されないの???? だからみんな電子掲示板の前で延々と立ってるの? 

日本の感覚を引きずるな、と分かってはいても、やっぱり初体験の時は戸惑います(^_^; でも、なんとか無事にGourock行きの列車に乗れました(^^)v

Gerryちゃんの故郷ペイズリーを通り、グラスゴーからGreenockまでの所要時間は約1時間。

【Greenock Central 到着】

greenock_c greenock2

4 ←駅を出たところから見える海の景色

さて、Greenockですが、インフォメーションツアリストがありません?! 駅から少し離れたところにでっかいショッピングモールとScotlandBankなどはあるのですが、頼みの綱の「i」マークが・・・

ふらふらとさまよって見つけたのが図書館。 インフォメーションツアリストの場所を聞こうと思って図書館に入り、司書の方に尋ねたら「案内所はないわねぇ・・・。 地図が欲しいのかしら?」と。

親切にも地図の載っているパンフレットを探してくださり、「もっと欲しかったら上(の階)にチラシとかあるわ」ということで、お礼を言って上に上がり、Greenock周辺の案内が載っていそうなチラシをなんとか見つけて外に出ました。

ガイドブックには「どの町にもインフォメーションツアリストがある」と載っていましたが、そうでもないらしいので行かれる方はお気をつけて。もらった地図にも「i」マークは載っていたのですが、そこに行っても何もなく(・・;

もしかしたら、alexが見落としていただけかもしれませんけれど、スコットランド英語に超堪能でないのでGreenockでのサバイバルは遠慮します(^_^; alexはグラスゴーのB&Bを拠点にしていてGreenockとペイズリーは日帰り旅行でした。

ただ、alexはことGreenockに関しては一切情報収集をせずに渡英しましたので、事前に情報を集めて宿なども確保すれば快適に過ごせるかもしれません。 alexがGreenockに行くことを決めたのは渡英3日前くらいで、仕事が激烈に忙しく、「Greenockってどこ?」と地図を見たのは飛行機の中でした(^_^;

どれくらい準備してなかったか。ガイドブックにあるスコットランドの地図を広げて、グラスゴーから海沿いの辺りを必死こいて見てるうちにやっと「Greenock」という文字を見つけたくらいです。 一人海外旅行慣れの賜物ですかね(笑) いや、飛行機・観劇などチケットが固定されている事柄以外は、その日の気分で動くという性格のせいかも。

あと、「分からなければ聞けばいい」という思考回路。(自慢になるのか?) 

基本的に、現地の方は皆さん親切でした。 ロンドンはともかく、グラスゴーでは日本人は全く見かけず、黒髪黒瞳の人も滅多にいなかったくらいです。(B&Bのバイトさんたちは中国人or韓国人でしたが) ブロンド率が高くって、やっぱりロンドンとは違うのね、と変なところで実感してました。

ただし、ご存知のとおりスコットランド英語はアクセントが強烈で、alexはかーなーりてこずりました。まぁ、alexの英語力の問題もありますけれど(苦笑) ゆっくりはっきり話してくれる駅員さんなどもいますがほんの一握りでした。 慣れれば平気? う~ん・・・「Dear Frankie」を80%以上聞き取れた人なら問題ないかも。

話が逸れた・・・ので戻します。

Greenock観光。と言っても案内所がないので自力で何とかするしかなく。 とりあえず、「海が見たい」 「海の見える丘に行ってみたい」

後者は残念ながらいけませんでした。 広いんです、Greenockって!!! 「中央駅」「西駅」と駅が2つある時点で、ある程度のでかさがあるのが分かりますけれど、幅が広いと言うかなんというか。

神戸(兵庫県の)をご存知の方、三宮あたりとよく似てます。海・海沿いはちょっとだけ平地でアミューズメントエリア・山側はすぐに坂。おしゃれに見えて実はめっちゃツライというあの坂の町に似てます。

海が見下ろせるあの丘へ行くには、それなりの準備が必要だと思います。少なくとも地図を見て場所の検討をつけないと。詳細な地図なしに、丘を探そう、という予定はalexには立てられませんでした。 地図とにらめっこして頑張ってみたんですけど・・・

g1


海に出るだけで20分くらい歩きましたし、そこからコンテナとかクレーンがあるところまで歩いて歩いて歩いて・・・・疲れました。

クレーンとコンテナ、すぐそこにあるように見えるんですけど、歩くと30分くらいかかります。 海沿いの遊歩道は途中で終わってしまうので。

2 3

インフォメーションツアリストがない時点で現地でのホテル手配が頼めなくなる可能性が高いので、泊まるならある程度調べてからが無難かも。でっかいスーツケース引きずって歩くには坂道ばっかりですからねぇ。 バスターミナルも坂上らなきゃいけないし。ググったらいくつかのaccommodationがhitしました。でもぱっと見少ないなぁ~。 でも安い?

alexは3時間くらいしかGreenockにはいなかったので、事前にしっかりと準備をした上でゆっくりのんびり丸1日かけて周るのなら、泊まらなくても海の見える丘まで周れるかも・・・とも思います。

あ、alexが歩き回ったのはGreenock Central駅~海~コンテナ&クレーン~Greenock West駅までの間です。 中央駅から西駅までは、歩いて20分くらい。 中央駅はまだ平地に近いところにありますが、西駅は坂道とお付き合いが必要です。しかもちっこくて目立たないから「Greenock West.stはどこっ!」でした。 日本もそうなのかなぁ・・・駅って案外目立たない。分かりにくい。見落としやすい。

↑これだけの範囲を3時間ほど歩き回ってへとへとになり(暑かったのもあります)、バーガーキングで昼食を取ってショッピングモールでウィンドウショッピングをして、alexはさっさとペイズリーに向かいました。

以上がGreenock旅行記です。

ペイズリーはまた別の時に。

そうそう、グラスゴーの注意点。グラスゴー地下鉄は、日曜日はお休みのようです。

alexは日曜日にグラスゴー→ロンドンと移動しましたが、空港までのバス(CityLink:往復5ポンド)のバス停があるQueen's Street Stationまで地下鉄で行こうとして、シャッターが下りた地下鉄の駅を前に呆然と立ち尽くしました。

単にB&Bが市の中心地から少し離れたグラスゴー大学の近くだったので(Gerryが学んだ大学でしたっけ?)地下鉄使うしかなかったのですが、中心地ド真ん中にB&Bかホテルを取る場合は心配要らないです。 

シャターが閉まった地下鉄の駅を前に呆然と立ち尽くし、タクシーしかないかと諦めて大通りに出たら、なんともタイミングよく目の前を通り過ぎるタクシー!(でも反対車線)

げっ、と思ったんですけど、スーツケースを引きずるalexが見えたのか、タクシーのドライバーが車を回してくれたので無事に乗り込みバス停まで行けました(^_^; 車中でのドライバーとの会話、聞き取りが難しくて何度も聞きなおしてしまった(苦笑) ナチュラルスピードでScotlandEnglishはきびしーのよ。

ということで、今回はここまで。

まぁ、あの海が観られたことでalexは大満足です。メインの目的がロンドンでの「Guys&Dolls」「The Phantom of the Opera」の観劇及び、渡英直前に分かったバットマンビギンズUKプレミアへの参加でしたので、体力を使い果たすわけには行かず(笑)次に行く時はもちょっと下調べして現地に泊まってもいいな、と思います。

こちらにも参加してます。(映画&英国俳優)
よろしければポチっと押してやってください→人気blogランキングへ

« バットマンモデル ポータブルDVDプレーヤー | トップページ | 「ダニーザ・ドッグ」Danny the Dog  ジェット・リー »

◆Films◆」カテゴリの記事

ジェラルド・バトラー/Gerard Butler」カテゴリの記事

英国旅行」カテゴリの記事

コメント

alex様。いつもありがとうございます。
TBいただきありがとうございます。
知人がイギリスに旅行(できたらグラスゴウに寄れるかも)の予定している方がおります。
教えてあげてもいいですよね!
何かの参考になるかな?と思いまして・・・
今日の夜中0時~7/4(月)am8時までメンテでアクセスできないので、別blogにワープします。よろしかったら遊びに来てください。
イギリス・・・行きたいです。12年くらい前に行ったきりです。スコットランド行って見たいです。Gerryの故郷だもん。

別blog Venus meet Scorpio
URLは↓名前のとこに貼りました。
よろしくお願いします。

alex様、すごい!!!すごいっ!!!です。素晴らしい行動力ですね。大尊敬です、憧れますっ、本当に。いつかは行きたいイングランド&スコットランドです。イギリスへの憧れはジェレミー・ブレッド氏の『シャーロック・ホームズの冒険』シリーズにハマッタのが最初です。『くまのパディントン』シリーズ、『機関車トーマス』シリーズ、もちろん『ハリー・ポッター』シリーズも拍車を掛けましたが。
今日、『Dearフランキー』を見てきました。3人の腰を下ろしたあの丘、ホント行きたいですう~。私的には切り立った断崖絶壁も好きなのですけどね。おもいっきり、勇壮な景観ですよねー。あーでも私の英語力じゃあ個人旅行は命知らず過ぎですう。行くなら、やはりパックになりそう・・・。

素敵な旅行記読ませていただきました!私は以前グラスゴーはイギリス一周の際の通過点でちょっとぶらっとしただけです。都会っぽいイメージだったんですが、Greenockは「i」マークないほど田舎なんですね^^; いつか行ってみたいです。でも、三宮みたいな坂、きつそうですね。体力あるうちでしょうか。ぶらり一人旅、うらやましいです!

alexさん、こんばんは。
この記事を読んでいたらまだ見ぬ憧れの地イギリスやスコットランドを一度訪ねて見たいと本気で思いました。
なかなかまとまった休みも取れず金銭面でも貧しいので(笑)そこまでたどり着けませんが。

>ちるるさん
こんにちは。コメントも残さずTBだけビシバシ張らせて頂いてすみませんm(__)m
あとでじっくりコメントを~と思ってすぐに忘れるメモリの少ない脳みそが・・・
イギリスはベストシーズンですね(^^) やはりこれから行かれる方が多いのでしょうか。お役に立つか分かりませんが(なんせこれだけ行き当たりばったりのヤツなので)、参考になれば(^^;

>sinoさん
スコットランドは遠いし~とちょっと及び腰だったのですけれど、個人旅行で航空券を手配すると大体は1都市無料で行ける事を思い出して頑張って行ってみました(^-^) もちっと準備しろよ、と自分でも思いつつ、毎回行き当たりばったりなヤツです(汗)
ジェレミー・ブレッド氏の「シャーロック・ホームズ」!!!alexも大好きです!!といってもN○Kで観ていただけですが、いつかDVDBOXを・・と狙っています。ロンドンのHMVでBOXを見つけてうずうずしていました(笑)でもAmazonで買う方が安いんだから・・と自分に言い聞かせて我慢の子に。彼のシャーロック・ホームズを観てから、SHと言えばブレッド氏に脳内変換されるようになりました。ちょっと痩せ気味で神経質そうな姿、シルクハットにパイプ。ハマリすぎて素敵でした。
イギリスは入国審査が厳しくてあれこれと聞かれまくるので個人旅行はある程度慣れてからの方が無難かもしれません(^^;パックだとあっさり通してくれるんですけれど... 

>りーめいさん
なんだかうまくまとまらなかった旅行記でお恥ずかしいばかりですm(__)m イギリス一周ですか?!素敵ですね~(^^) Greenockは一時は港町としてかなり栄えてたらしいです(もらったパンフを見ると)。まさか「i」がないとは思わず、一瞬目が点でした(・・;

>Hitomiさん
こんにちは。ヨーロッパはお金と時間をどっさりと食うのが痛いです(^_^; alexは休みはなんとか捻出できるのですが、先立つものが・・(苦笑)あ、でも12月などのオフシーズンはかなりお安く行けますよ!前回12月に行った時の航空券は今回の半額以下でした(--; スコットランドは寒くて天気が悪くて冬はあまり楽しめなさそうですが...
いつか是非訪れてみてください!

旅行記楽しく拝見しました。
写真の空の色・とても綺麗な青ですね。
映画では季節のせいか1枚フィルターがかかったような、少し寂しさを感じさせるような色合いに感じましたので。
本当にいつか行ってみたいです。

alexさま

初めまして。

私も、ある程度映画を観ているという自負はあるつもりなんですが、alexさんにはちょっと敵わないかなあという感じです。読みの深さと行動力が。

私もつい最近、<勝手に映画『Dearフランキー』応援団>
http://frankieandlizzie.ameblo.jp/というブログを始めまして、alexさんの『Dearフランキー』評、ご紹介させていただきました。

一応、期間限定のつもりでおりますが、どうぞよろしく、お見知りおきの程を。

from frankieandlizzie

>オペラ座の愛人さん
6月ということもあるのか、とても綺麗な青い空でした。
青い空と緑の草がとっても素敵でしたよ!
劇中ではたしかにもう少し沈んだ色と言うか、ここまでクリアな青ではなかったですね。冬だったから余計かもしれませんが。
いつか是非とも訪れてみてください!私もまた行きたいな~と思います。

>frankieandlizzieさん
初めまして、こんにちは。
いえいえ、そんな滅相もないです(^^; 
行動力はそれなりにある自覚は持っていますが、行き当たりばったりな部分も多いので自慢できるのかどうか怪しいです。感想も、書き終わってから他の方の感想を拝読すると自分の目のつけどころがズレていることに気づかされることばかりです(苦笑)
貴blogでのご紹介、ありがとうございました!早速お邪魔させていただきました。BAFTAと絡んでの視点やリジーが歌っていた歌など、広い視野からの記事でとても読み応えがありました。こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48366/4783718

この記事へのトラックバック一覧です: Greenockへ行こう!(Dear Frankieロケ地):

» Gerry掲載雑誌。&DVD(DearFrankie.uk。els。。) [CRYSTAL GREEN EYES ! ]
 モノクロphotoはとってもCOOL!好き!  ELLE japon Aug.2005 記事はコチラを・・click! 記事の内容は映画雑誌なんかとほぼ同じ。 最後のコメントにちょっとだけ反応。 「Dearフランキーでフランキー役=ジャック・マイケルホーンとの共演は清涼剤だった」 取材を受ければ、自分自身のことばかりを(me 、me・・・ばっかり)話すことにうんざりするとか。 子供と接すること�... [続きを読む]

» スコットランドについて知っている2,3の事柄 [勝手に映画『Dearフランキー』応援団]
Alexさんのブログ、Cinema,British Actor  から当ブログ7月1日分にたくさんトラックバックをいただきました。以前、alexさんの『Dearフランキー』の映画評を「鋭い観察力と洞察力にあふれ」とご紹介しましたが、行動力も抜群です。是非、トラックバックのところを覗いてみて... [続きを読む]

» Webで知るスコットランド [勝手に映画『Dearフランキー』応援団]
スコットランドを知るためのサイトを集めてみました。あくまで、出発点が『Dearフランキー』なので、旅行など、より具体的で、明確な目的があれば、もっと違ったサイトが集められるかもしれません。 【基本情報】 ・スコットランド Wikipedia http://ja.wikipedia.o... [続きを読む]

» ロケ地を訪ねてみました [勝手に映画『Dearフランキー』応援団]
 『Dearフランキー』のロケ地を訪ねてみました。と言っても、web上での話ですが。  以前、ご紹介したFinal Production Notesで、『Dearフランキー』のいくつかのロケ地が紹介されていましたので、それをweb上で検索してみました。  1つ目は、リジーとストレンジ... [続きを読む]

» Dearフランキー [Dear Frankie] [Take it easy.]
シンプルなストーリーの中に、デリケートな問題、 親子の絆、恋愛、友情などが丁寧に描かれてる 映画「Dearフランキー」。 子供を守るために必死な母親…不器用、でもチャーミング。 母親以上に母親の気持ちに敏感な子供(フランキー)…純粋かつ繊細。 一日限りの父親…だんだん二人を放っておけなくなる謎の男。 娘と孫を愛するおせっかいやきのお婆ちゃん…なんか可愛い。 フィッシュ&チップスの店主マリー…この人きっとすごくいい人。 フランキーの友人リッキー…おバカさん、愛すべき... [続きを読む]

« バットマンモデル ポータブルDVDプレーヤー | トップページ | 「ダニーザ・ドッグ」Danny the Dog  ジェット・リー »

スポンサードリンク

管理人サイト

ブックマーク

サイト内検索
カスタム検索

Tom Hardy「Warrior」

トム・ハーディとジョエル・エドガートン主演。離れ離れになっていた兄弟が、それぞれの想いを抱えて総合格闘技リングで闘うお話。アクションもすごいけど、ドラマ部分が素晴らしい作品。タオルかティッシュを用意してどうぞ。

PS3で再生可能なUS版BD

[Amazon.co.jp]Warrior[Blu-Ray(US)]

PCで再生可能なUK版DVD

[Amazon.co.jp]Warrior/ウォーリアー[PAL-UK][Import]

Avengers/アベンジャーズ

アイアンマン、ソー、キャプテン・アメリカ、ハルク、ホークアイ、ブラックウィドウ+ロキ。

PS3で再生可能なUS版BD

[Amazon.com]Marvel's The Avengers (Two-Disc Blu-ray/DVD Combo in Blu-ray Packaging)

PCで再生可能なUK版DVD

[Amazon.co.uk]Marvel Avengers Assemble[UK-DVD]

おすすめDVD/BD

ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、ベネディクト・カンバーバッチ、キアラン・ハインズ、トビー・ジョーンズ他、英国俳優の豪華な競演が素晴らしい、ジョン・ル・カレ原作『Tinker,Tailor,Soldier,Spy』UK版DVD、2012/01/30発売!


[Amazon.co.jp]Tinker,Tailor,Soldier,Spy[BD+DVD+CD 豪華特典付デラックスバージョン][BD-RegionB][PAL-UK][Import]
※UK版BDはリージョンコードB

DVDはリージョンコード【2】なのでPC再生可能♪

[Amazon.co.jp]Tinker Tailor Soldier Spy/裏切りのサーカス[UK-PAL]

ユアン・マクレガー「イエメンで鮭釣りを」DVD

ユアン・マクレガー&エミリー・ブラント主演のラブコメディ。中東との政治情勢悪化でダウンした英国イメージを上昇させるため、クリスティン・スコット・トーマスが演じる首相官邸広報課が題材を探し、イエメンでサーモン釣りというアイディアを取り上げる。

PS3で再生可能なUS版BD

[Amazon.com]Salmon Fishing in the Yemen [Blu-ray]

PCで再生可能なUK版DVD

[Amazon.co.uk]Marvel Avengers Assemble[UK-DVD]

☆話題作☆

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30