« ユアン&ニコール「Come What May」5曲収録CD ムーラン・ルージュ | トップページ | ユアンが歌うチャリティーCD「Unexpected Dreams: Songs from the Stars」 »

2006.02.08

映画「Munich / ミュンヘン」 エリック・バナ/スティーブン・スピルバーグ

かなり前から楽しみに(?)していた「ミュンヘン(原題:Munich)」を鑑賞。見応えありました。

公開前に「TIME」誌でスピルバーグ監督の独占インタビューを読んで、どんな内容になってるのだろうとかなり感心を持っていました。 実際に事件が起きた時にはまだalexは生まれてないので(お腹にもいなかったな)事件のことは知らないです。

以下、ネタバレありの感想です。(原作を読んでいないので映画だけの感想です)

***ネタバレあり***

古くは「太陽の帝国」に始まり、「シンドラーのリスト」など、娯楽大作以外にも歴史や政治背景を持った(という表現でいいのかは謎)作品をつくってきた監督。自身がユダヤ人ということもあるのでしょうか。

変に監督の出自を先入観として持つべきではないのだろうな~と思いつつ、でも、劇中のユダヤ人描写はどう捉えればよいのだろうと戸惑った部分も。(知識が浅いので少なくとも現代の中東関係を正確に掴めてない自覚あり)

timeミュンヘンインタビュー 「TIME」誌の独占インタビューで、監督自身は現在の中東問題、アラブvsイスラエルの問題はそんなに簡単には片付かないと語っていたように記憶しています。この作品は特に政治的メッセージをこめたものではないそうで。

ということで、知識からは語れず、純粋に役者&話の感想をば。

エリック・バナが演じる主人公アヴナー。モサドに属してSPなどをしていたものの、職務で人を殺した経験なし、暗殺経験なし。それがいきなり「Black September」主要11人の暗殺指令を受けて、さらには暗殺チームのリーダーになれとの命令。

7ヶ月の身重の妻。目的を達するまでは国も家族も捨てなければならず、身の保証もなし。

愛国心はあるものの、まるで右も左も分からない仕事に任命されて、最初はどこか頼りない顔つきだったのに、暗殺を進めていくうちにどんどんプロの顔になっていくその変化。

「自分達を暗殺者と呼ぶのは変な感じ」と言ってたのに、ターゲットを得る毎にどんどん「暗殺者」になっていってた気がします。

疑心暗鬼に陥りつつも、冷静に仕事をこなすリーダー。 チームメンバーが徐々に精神の均衡を崩しだす中で逆に冷静になっていって。でも、完全に心が凍り付いてしまったわけではなく、遠く離れた娘の声を聞いて滂沱に暮れる時もあり。

「ベッドで眠れずにクローゼットの床で寝るように」なってしまった後半。 自分がターゲットにされて初めて味わう恐怖。自分が行ってきた事柄の意味・正当性への疑問。

モサドにいる時点で「ふつーの人」ではないのでしょうけれど。結局彼は、あのあとブルックリンで平穏に暮らし続けられたのでしょうか。 いつもいつも命を狙われている恐怖。一人身ならともかく、妻と娘。守らなければならない者達がいる。「パパ」が彼を売ることはないとしても、他の組織が彼を狙う&情報を売買する可能性はあるわけで。

“home” とは?

エフライムが“come back to home”(国に戻って来い)と言うのですが(記憶が間違ってなければ)、逡巡の後、アヴナーの出した答えはNo。

アヴナーにとっての“home”は、先祖が作ってきた「国」ではなくなったのか。(故郷とか家庭とかそういう意味がありますが>home)

殺す方にも殺される方にも家族があるしhomeへの想いはあるわけで。

国家に憧れるPLOの若者。 土地があることを、政権があることを夢見る若者。

答えがなくてよかったと思いました、この作品。取ってつけたような答えがあったらきっと興冷めする。

答えがないから現在があるのでしょうし。 

憎しみの連鎖。 憎しみが憎しみを呼び、留まるところを知らない。 テロ組織の首謀者を殺しても、更に残虐になった次のTOPが現れて、血を血で洗うテロ行為の応酬。 

憎しみを断ち切るのは、言葉で言うほど簡単ではないはず。

・・・こてんぱんにやられながら、報復行為を選ばなかった国家に生まれ育っているから尚更ピンと来てないかも。。。。 (報復しなかったのはできるだけの余力が残ってなかったからor残されなかったからかもしれませんが)

結局、復讐の暗殺は正義だったのか? 永遠の命題かも。 報復の戦争はテロではないんでしょうかね。 何が正義で何が悪なのか。「強い」ということはどんなことなのか。

なんかまとまらないですね~。監督やスタッフの解説ありでDVD出してくれないかな?いや、もうちょっと勉強すればいいのか(^^;

とにかく、期待を裏切らない作品でした。 派手じゃないと思いますけれど、劇場を出る時に確実に何かが心に残ってる感じです。

3時間近い上映時間は全く気にならず。緊迫感あふれてひたすらスクリーンに引き込まれた感じがします。それにしても、何言ってるか分からなかった部分、字幕がほしいなぁ~と思います。英字幕そのものが用意されてなかったので、日本語字幕もつけようがなかったんでしょうかね。アヴナーとPLOの若者達のやり取りとか、その他現地語で話すシーンがいくつかありましたが・・・・

しかししかし、ダイニエル・クレイグにびっくり。なんか、新ジェームズ・ボンドとして紹介された時にはちっちゃく見えたし、細身の優男に見えたのですが(ひどい言い方)、なんのなんの、ガタイいいんじゃありません?

役作りなのかもしれませんが。 ちょっとこれは新ジェームズ・ボンドが楽しみになってきました(現金なヤツ・笑)

ブロンドのボンドって・・・・と引き気味でしたが、いや~、要チェックだな♪c

こちらにも参加してます。(映画&英国俳優)
よろしければポチっと押してやってください→人気blogランキングへ

公式サイト(日本):http://munich.jp/
公式サイト(USA):http://www.munichmovie.com/splash.html

ミュンヘン@映画生活
ミュンヘン - 映画

« ユアン&ニコール「Come What May」5曲収録CD ムーラン・ルージュ | トップページ | ユアンが歌うチャリティーCD「Unexpected Dreams: Songs from the Stars」 »

◆Films◆」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。jesterと申します。
私も昨日、ミュンヘンを見てきました。こちらの素晴らしい感想をよまさせていただきました。ありがとうございました。
重いテーマでしたが、いろいろ考えさせられる映画でしたね。私も感想を書いたので、TBさせていただきました。
(全然関係ないのですが、ショーン・ビーンさんのファンなんですね~jesterはヴィゴのファンデス。もうすぐ来日するんですよ~むふふ)

こんにちは。
重いのに時間も気にならずとっても見応えありましたね。もっと世界情勢の勉強をしなくっちゃと思いました^^)。
本当に心理的に追い詰められるベッドのシーンはドキドキしてしまいました。
やっぱりダニエル・クレイグはこの映画でポイントアップですよね♪「Jの悲劇」もそれなりに良かったですが…。

>jesterさん
初めまして、こんにちは!
もうすぐ「ヒストリー・オブ・バイオレンス」でヴィゴっちは来日ですか?
「ミュンヘン」、いろいろと考えさせられる内容でした、ほんとに。
見応えのある作品だったと思います。

>りーめいさん
こんにちは~(^-^)
私ももっと勉強せねば・・・と思いました(^_^;
ダニエル・クレイグ、めちゃくちゃポイントアップしましたよ!ほんと。他の作品をほとんど見ていないので、新007が公開される前にでもチェックしようと思います!

いろいろ考えさせられる作品ではありましたね。

逆に私はダニエル・クレイグ株ダウンです(^^;
まあ、役柄上、仕方ないのかもしれませんが…。

エリック・バナはよかったんですがね。
ジェフリー・ラッシュはエンドロール見るまで気づきませんでした(^^; > 口うるさい指令おやじ

>rukkiaさん
こんにちは~(^^)
ホント、考えさせられるところの多い作品でした。
あ、ジェフリー・ラッシュは私もエンドロールでちゃんと認識しました(^^; 見たことのある顔だ・・・とずっと思っていて(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48366/8562776

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「Munich / ミュンヘン」 エリック・バナ/スティーブン・スピルバーグ:

» ミュンヘン・・・試写会にて [ESCAPE TO VICTORY]
上映時間が2時間44分。 CM・予告を含めると3時間近く。 入場前には必ず用を足しましょう。 ラスト30分ぐらいでトイレに立つ人が非常に多かったので。      (さて、ここから映画の中身の話。ネタバレあります) この事件が発生したときは、生まれていたが... [続きを読む]

» 報復の連鎖が生む感情 『ミュンヘン』 [多趣味ですがなにか問題でも?]
さてさて、「ミュンヘン」を観ました。 この映画は予習必須です。 特にパレスチナと [続きを読む]

» ミュンヘン [色即是空日記+α]
【わたしは正しいのか?】 1972年、ミュンヘンオリンピックでイスラエルの11人のアスリートが殺された。政府が下した判断は 『報復』。事実に基づいたストーリー。 2時間44分、長いけれどわかり易くぎっちりつまってます。 今なお続くテロと報復、その....... [続きを読む]

» ミュンヘン・・世界を視野にいれた互いの理解 [|nao-life |]
ミュンヘンを観てきました。 上映時間が長いと言われていますが、私の感想としては、 死と隣あわせの緊張が続き、中だるみなく観ることができました。 おそらくこの緊張感は、映画館だからこそ生まれるものだと思います。 少しでも観てみたいなと感じているのでしたら、ぜひ映画館で見て欲しい映画です。 また、この手の映画では、人間関係が複雑に絡みあい、 途中で話がわかりにくくなってしまいがちですが、 ストーリーを見失うこともなく、ストレートに観ることができました。 また、それ以上に 主人公の人... [続きを読む]

» ミュンヘン [Akira's VOICE]
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。 [続きを読む]

» ミュンヘン MUNICH [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
監督・製作のスティーヴン・スピルバーグ エリック・バナ主演 ミュンヘン1972年9月5日早朝 オリンピック村で パレスチナ過激派組織「黒い9月」がイスラエル選手団11人を捕らえ パレスチナ人 234 名の解放を求めます そしてテロリスト達は ミュンヘン空港からエジプト・カイロへ向かうチャーター便を要求します ミュンヘン空港で西ドイツ軍はテロリスト達を狙撃するのですが失敗 人質は全員殺害という最悪の事態に陥った  「ミュンヘンオリンピック事件 1972 Munich Massacre 」 イス... [続きを読む]

» 「ミュンヘン」 [それ、いいかも?]
「ミュンヘン」 謀略史観的な書物では、モサドといえば世界中の情報工作機関の中で最も優秀で最もプロ意識の高い冷徹な集団として描かれるが、この映画に登場する工作員たちはそれにはほど遠い。 水も漏らさぬ完璧な計画を立てるでもなく、表情ひとつ変えずに敵を始末するわけでもない。 暗殺という任務に葛藤を繰り返し、次第に疑問さえ感じ始める。 彼らのキャラクターに関しては創作された部分も多いようだが、ある意味のリアリティがそこ... [続きを読む]

» ミュンヘン [欧風]
今週は3本も試写会があって、「わーい、タダだー」と浮かれながら試写会場にせっせこ通っている訳ですけれども、全部問題なく観に行けてしまう私も社会人としてどーなのかと思いますが、まあ、それは考えない事にして(^_^;)、月曜の「最終兵器彼女」に引き続き、火曜日に観たのが「ミュンヘン」。 ミュンヘンというと、皆さん何を思い浮かべるでしょうね。たいていの人は「あ、ドイツの都市でしょ?」って感じでしょうか。サッカー好きなら「バイエルン・ミュンヘン」でしょうか。サッカーと言えばちょうど今年「ワールドカップ... [続きを読む]

» 『ミュンヘン』 2006・2・5に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『ミュンヘン』  公式HPはこちら  ENTTER SITEでFlash版 ●あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。イスラエルの機密情報機関(モサド)は、報復の... [続きを読む]

» ミュンヘン [パレード]
 冷たい雨の降る有楽町へ。映画「ミュンヘン」、その試写会を観るためだ。  1972年、平和の祭典オリンピックは地獄と化した。選手村へ武装したテロリスト集団が進入、イスラエル選手11人を人質に取り篭城する。その結果、選手全員が殺害されたいわゆるミュンヘン事件である。  イスラエルのある家庭。テレビから流れるニュースを見ながら妻がつぶやく。 ――あなたのことが心配だわ。オリンピック選手だって殺される時代ですもの。  おそらくそれは、当時この国に住むすべての夫を持つ女、子を持つ女の... [続きを読む]

» ミュンヘン [きょうのあしあと]
「私は正しいのか?」 監督:スティーヴン・スピルバーグ 脚本:トニー・クシュナー、エリック・ロス 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ、ハンス・ジシュラー、ジェフリー・ラッシュ、他 劇場:TOHO CINEMAS 川崎 ■物語について 1972年ミュンヘン・オリンピックで起こった史実、イスラエル選手団襲撃事件。凄惨な事件の後何が起こったか・・・スピルバーグ監督がモチーフにしたのはイスラエル政府による報復<神の怒り作戦>。連綿と続けられるパレ... [続きを読む]

» 映画のご紹介(92) ミュンヘン [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画が 懐かしいなあ 2006年第78回アカデミー賞主要5部門ノミネート(作品、監督、編集....... [続きを読む]

» 『ミュンヘン』試写 [Sign of Thursday]
昨夜、スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『ミュンヘン』(原題『MUNICH』)の試写会に行ってきた。会場は大阪厚生年金会館芸術ホール。この作品は史実に基づいて制作されおり、1972年のミュンヘンオリンピック開...... [続きを読む]

» 映画「ミュンヘン」〜コロナで [David the smart ass]
スピルバーグの最新作「ミュンヘン」を見てきました。  → 公式サイト この公式サイトに入ると、沈鬱な音楽が流れるのですが、映画のトーンはそこにあると思います。 △ポスター撮 [続きを読む]

» ミュンヘン [悠雅的生活]
報復が齎す孤独と苦悩 [続きを読む]

» 『ミュンヘン』 [異国映画館]
2005年 アメリカ 公開日:2006/02/04 劇場鑑賞06/01/20 nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; ミュンヘン nbsp; 監 督 : スティーヴン・スピルバーグ ... [続きを読む]

» ミュンヘン [がちゃのダンジョン 映画&本]
『ミュンヘン』 (2005)MUNICH上映時間164分 製作国アメリカ ジャンルドラマ/サスペンススティーヴン・スピルバーグ監督最新作『MUNICH』1972年9月5日、開催中だったミュンヘン・オリンピックで、パレスチナゲリラ"ブラック・セプテンバー 黒い九月"によ...... [続きを読む]

» 【劇場鑑賞12】ミュンヘン(MUNICH) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1972年ミュンヘン・オリンピック 世界は11人のアスリートが 殺されるのを目撃した この映画は、その後の物語である。 [続きを読む]

» 映画「ミュンヘン」を観て来ました  [ブツヨク人 〜 GOのハッピー?!ライフ ブログ 〜]
映画「ミュンヘン」を観て来ました。 スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、事件に関わった人々のコメントや、史実に基づいて映画化した衝撃の問題作。 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:....... [続きを読む]

» ミュンヘン [週末に!この映画!]
期待値:76%  ホントのアカデミーノミネート作品。 スピルバーグ監督渾身の2時間44分映画。 予告 [続きを読む]

» ミュンヘン(2005) [萌映画]
テロ実話に基づく話というだけで引き度70%である。 しかし工作員エリック・バナが活躍するということで、がんばって見てみた。 で、辛い、特にミッション終了後が辛い! バナ、胸板大サービスです。でもそれを喜んでいられない内容である。 …胸板だったらダニエル・クレイグもイイはずなのに、彼は晒しませんね…。 以下、ネタバレも含むので、これからの人は御注意。 暗殺工作過程はスパイ映画みた�... [続きを読む]

» ミュンヘン [空想俳人日記]
ミュンヘンも マンハッタンも ターゲット   なぜ今ミュンヘンなんだろうか。もちろん時間が経たなきゃ描けない時代を左右する事件は、いつか歴史が判断するまで待たねばならないかもしれない。しかし、そんなことは、ここでは言いたくない。  娯楽大作を生み続けるスピ... [続きを読む]

» ミュンヘン(2月4日公開) [オレメデア]
1972年9月5日の未明. ドイツでは,「ミュンヘンオリンピック」が行われていた. その選手村で,パレスチナのゲリラ「Black September(黒い9月)」と名乗る組織が乱入. イスラエル人の選手をはじめとする11人が人質になり,全員が死亡するという衝撃の事件が起こった. ...... [続きを読む]

» ミュンヘン [シネクリシェ]
 ミュンヘン事件そのものではなく、"その後のミュンヘン事件"を扱った作品。  パレスチナへの報復として、素人であるにもかかわらず刺客として抜 [続きを読む]

» gomez article [gomes blog]
it's my opinion on that theme [続きを読む]

» ミュンヘン 06年169本目 [猫姫じゃ]
ミュンヘン 2005年   スティーブン・スピルバーグ 監督エリック・バナ , ダニエル・クレイグ , キアラン・ハインズ , マチュー・カソヴィッツ やっぱり、こういうのが、今のスピルバーグなのね。 ミュンヘン五輪で実際に起きたテロの映画化。 http://hamuhamu-ni...... [続きを読む]

« ユアン&ニコール「Come What May」5曲収録CD ムーラン・ルージュ | トップページ | ユアンが歌うチャリティーCD「Unexpected Dreams: Songs from the Stars」 »

スポンサードリンク

管理人サイト

ブックマーク

サイト内検索
カスタム検索

Tom Hardy「Warrior」

トム・ハーディとジョエル・エドガートン主演。離れ離れになっていた兄弟が、それぞれの想いを抱えて総合格闘技リングで闘うお話。アクションもすごいけど、ドラマ部分が素晴らしい作品。タオルかティッシュを用意してどうぞ。

PS3で再生可能なUS版BD

[Amazon.co.jp]Warrior[Blu-Ray(US)]

PCで再生可能なUK版DVD

[Amazon.co.jp]Warrior/ウォーリアー[PAL-UK][Import]

Avengers/アベンジャーズ

アイアンマン、ソー、キャプテン・アメリカ、ハルク、ホークアイ、ブラックウィドウ+ロキ。

PS3で再生可能なUS版BD

[Amazon.com]Marvel's The Avengers (Two-Disc Blu-ray/DVD Combo in Blu-ray Packaging)

PCで再生可能なUK版DVD

[Amazon.co.uk]Marvel Avengers Assemble[UK-DVD]

おすすめDVD/BD

ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、ベネディクト・カンバーバッチ、キアラン・ハインズ、トビー・ジョーンズ他、英国俳優の豪華な競演が素晴らしい、ジョン・ル・カレ原作『Tinker,Tailor,Soldier,Spy』UK版DVD、2012/01/30発売!


[Amazon.co.jp]Tinker,Tailor,Soldier,Spy[BD+DVD+CD 豪華特典付デラックスバージョン][BD-RegionB][PAL-UK][Import]
※UK版BDはリージョンコードB

DVDはリージョンコード【2】なのでPC再生可能♪

[Amazon.co.jp]Tinker Tailor Soldier Spy/裏切りのサーカス[UK-PAL]

ユアン・マクレガー「イエメンで鮭釣りを」DVD

ユアン・マクレガー&エミリー・ブラント主演のラブコメディ。中東との政治情勢悪化でダウンした英国イメージを上昇させるため、クリスティン・スコット・トーマスが演じる首相官邸広報課が題材を探し、イエメンでサーモン釣りというアイディアを取り上げる。

PS3で再生可能なUS版BD

[Amazon.com]Salmon Fishing in the Yemen [Blu-ray]

PCで再生可能なUK版DVD

[Amazon.co.uk]Marvel Avengers Assemble[UK-DVD]

☆話題作☆

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30